安い土地を探す際に知っておきたいポイント

安い土地を探す際に知っておきたいポイント


なぜ安いのかを知ろう

もともと所有地がある場合を除き、注文住宅を建てるためには土地を探さなければなりません。土地は建物以上に高額な買い物となるため、できれば安く購入したいと考えるのが自然でしょう。もっとも、一般的には土地は相場以下の金額で売買されるケースは稀であるため、誰もが欲しがるような土地の値段はどうしても高くなりがちです。そのため、相場よりも安い土地を狙うのであれば、なぜその物件が安くなっているのかを理解しておく必要があります。

この点、土地が安くなる理由の一つは、形が不整形であるというものです。不整形の土地は使い勝手が悪いため、その分、相場よりも価格が安くなる傾向にあるのですが、それでも問題ないと考える人にとっては非常に魅力的な物件となります。また、駅から離れている土地や、近くに迷惑施設がある土地の値段も安くなりがちです。そういった条件が許容できる人にとっては、これらの土地も狙い目かもしれません。

安くても手を出さないほうが良い物件もある

一方、土地の中には、いくら安くても素人が安易に手を出さない方が良い物件もあります。具体的には、道路に2メートル以上接していない、いわゆる再建築不可の物件です。再建築不可の土地の場合、新たにそこに家を建てるのは原則として不可能です。可能なのは、元々そこにある家をリノベーションするというやり方だけなのですが、大抵の場合、そういった建物は築50年以上のものが多いため、リノベーションするにしても簡単ではありません。再販売も難しいので、なるべく避けたほうが良い物件と言えるでしょう。

土地探しをする際は、土地に求める条件を全て紙に書き出してみましょう。次にその中から、譲れない条件を3つ選びます。条件を挙げる事で頭の中を整理し、具体的に自分達に合った土地を探す事が出来ます。