賃貸オフィスって実際どう?メリット・デメリットを解説

賃貸オフィスって実際どう?メリット・デメリットを解説


賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスのメリットでまず挙げられるのは少ない予算で社屋を構えられるという点です。自分の会社専用に物件を用意するとなると、何百万何千万というお金がかかります。会社の規模によってはとてもそこまでの資金は準備できないという場合も少なくないでしょう。そんなときに便利なのが賃貸オフィス。賃貸オフィスであれば、物件にもよりますが、安いものなら数十万円ほどで借りることも可能です。なお、賃貸オフィスの管理や設備はその物件の管理会社が行っています。借主の責任でない限り、建物・設備の破損・故障などは全て管理会社に任せられることもメリットでしょう。また、事業内容が増えたり、スタッフの人数が増えたり、会社の規模に合わせて社屋を引越しやすい点も大きな特徴です。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスのデメリットとして代表的なのは、物件のルールに合わせなくてはならないことです。物件によっては、開閉時間が定まっている場合もあります。したがって、閉館後は開館時間まで自由に出入りできないケースや、入館に特別な手続きが必要になるケースなども考えられます。借主の裁量で判断できる部分とそうでない部分があるため、面倒だと感じるかかもしれません。また、賃貸オフィスはどれだけ長く入居し家賃を支払い続けても会社のものになるわけではないので、会社の資産にならないという点をデメリットととらえる方もいるでしょう。なお、家賃の値上げなどが起こる可能性も0ではありません。

港区で賃貸事務所を見つけるにはインターネットで比較することがポイントです。価格や取扱物件やサービスを比べることが可能です。