どこを選んでも同じじゃないの?賃貸オフィスの魅力と選ぶ時のポイント

どこを選んでも同じじゃないの?賃貸オフィスの魅力と選ぶ時のポイント


賃貸オフィスならではの魅力

それまで勤めていた会社を辞めて新規で事業を立ち上げるに当たって頭を悩ませる人も多いのがオフィスの準備です。会社の所在地は移動の利便性だけでなく、住所や維持に掛かるコストなど様々な点を意識しなくてはいけません。こうした様々な問題を解決してくれるのが賃貸オフィスの利用です。賃貸オフィスを利用する大きなメリットの一つがコストの削減です。物件の購入に比べて大幅に初期費用を抑えることができるので、資金に余裕がない場合でも安心して開業できます。費用が安いことで都市部などでも気軽に利用しやすく、利便性や会社としての信頼性の向上といった相乗効果を得られるのも魅力です。

契約を交わす前に調べておく室内の広さ

賃貸オフィスを利用する上で注意しなくてはいけないのが広さの確認です。一口にオフィスと言っても物件によって広さは違います。何も置かれていない下見の段階では広く感じても、契約後に机や棚などのオフィス用具を入れてみたらスペースに余裕がなくなる失敗例は少なくありません。オフィスの賃貸料は部屋の広さで数万円単位の違いが出ます。前述した失敗をしないように余裕を持たせても使わないスペースができてしまえばその分家賃が無駄になってしまうので注意が必要です。1人当たり6平米を目安にして従業員の人数に合わせた面積で選ぶのがポイントになります。

経営が軌道に乗るまでに払い続ける家賃の想定

新規で事業を立ち上げた場合には軌道に乗らせるまでにある程度の期間が必要となります。賃貸オフィスは経営状態に関係なく毎月決められた家賃を支払わなければいけません。支払いが滞って退去させられるといったことのないように、利益が出るまで手持ちの資金で支払いを続けていけるかを想定することが大切です。

中央区で賃貸オフィスを構える場合には交通アクセスが便利になる魅力があります。どこからでも出勤しやすい環境になります。